snowie先生に学ぶ2

引き続きフロップ後のアクションのミスをsnowie先生に指摘してもらう。

今回のプレーはバリューがあるのに降りすぎてしまってるという指摘

ナッツフラッシュドロー+ハイガード

5NL 6max
hero: BB As2s

プリフロップは
ボタンが3bbにレイズ
heroがコール

そしてフロップのアクションが下の画像

相手のポットサイズのベットに大きいと思って降りたが違うらしい。

まずSnowieに言わせるとポットサイズのレイズの78%がハイカードのブラフらしい。

相手のハンドの想定

相手のハンドでありえるところは

  • 勝つにはフラッシュが必要 (9アウツ=35%)
    — JT (ストレート) 16コンボ
    — 2ペア 27コンボ
    — セット 9コンボ
    — Axの2オーバー 36コンボ
    — AA 3コンボ
    合計 91コンボ

  • 勝つにはAヒットかフラッシュが必要(12アウツ=45%)
    — オーバーペア(AA以外) 12コンボ
    — フロップヒットのワンペア (T9,J9 Q9,K9) 56コンボ
    合計68コンボ

  • 勝ってる (6アウツを引かれない=76%)
    — フラッシュドロー
    — Ax以外の2オーバー
    KQ,KJ,KT,QJ,QT
    合計:80コンボ

確かにこれで計算したら勝率は51%ある。

ただしこれは、一気にshowdownするときの確率である。
ターンでのアクションも考えないといけない。
ポジションも悪い。

正直いまいち納得できない。
今日は一旦ここまで。

人気ブログランキングへ

投稿者: cardman

2017/11月現在、2NLでプラスになり始めたから 5NLにレートを上げて挑戦中の初心者ポーカープレイヤーです。 Pokerstarsで主にプレーしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です