snowie先生に学ぶ2

引き続きフロップ後のアクションのミスをsnowie先生に指摘してもらう。

今回のプレーはバリューがあるのに降りすぎてしまってるという指摘

ナッツフラッシュドロー+ハイガード

5NL 6max
hero: BB As2s

プリフロップは
ボタンが3bbにレイズ
heroがコール

そしてフロップのアクションが下の画像

相手のポットサイズのベットに大きいと思って降りたが違うらしい。

まずSnowieに言わせるとポットサイズのレイズの78%がハイカードのブラフらしい。

相手のハンドの想定

相手のハンドでありえるところは

  • 勝つにはフラッシュが必要 (9アウツ=35%)
    — JT (ストレート) 16コンボ
    — 2ペア 27コンボ
    — セット 9コンボ
    — Axの2オーバー 36コンボ
    — AA 3コンボ
    合計 91コンボ

  • 勝つにはAヒットかフラッシュが必要(12アウツ=45%)
    — オーバーペア(AA以外) 12コンボ
    — フロップヒットのワンペア (T9,J9 Q9,K9) 56コンボ
    合計68コンボ

  • 勝ってる (6アウツを引かれない=76%)
    — フラッシュドロー
    — Ax以外の2オーバー
    KQ,KJ,KT,QJ,QT
    合計:80コンボ

確かにこれで計算したら勝率は51%ある。

ただしこれは、一気にshowdownするときの確率である。
ターンでのアクションも考えないといけない。
ポジションも悪い。

正直いまいち納得できない。
今日は一旦ここまで。

人気ブログランキングへ

snowie 先生に学ぶ

5NLをプレイしているがなかなか成績が上がらない。

ミスプレイを減らすべく、snowie先生に調教してもらうことにした。
先生の教えを自分なりに解釈して考えていく。

フロップでナッツフラッシュ時の動き

5NL 6max
heroはBBでKdJd
MPがリンプして、SBコールで、BBのheroはチェック

でフロップ後のアクションが下の画像。

ここで自分はコールを選択したけど、たしかに安いレイズのほうが良さそう。
安いレイズにはコールしないといけないハンドはいくつかあって、
それらはターンでチップを入れられるハンドより多い。
ポットも膨らんでいるほうが得。
コールしてターンで何が落ちても追加では取れなさそう。

持ってそうなハンド

MPは 完全なブラフ、セット、Ax、フラッシュあたりか。
フラッシュやフラッシュドローはTdが出てない一番大きいダイヤなので、Td9dとAcTdの4コンボくらい。

SBは先生はコールするハンドなんてないって言ってるけど、
T9d,77,A7,ルーズなら他のAxまであってもおかしくない。

フロップでコール

ここでコールした場合のターン以降のアクションを考える。

  • ターンでラグが落ちる
    — ハーブベットしてコールくれるのはセットくらい。
    — チェックしてMPがフロップで2人ついてきてるのに、ブラフを打ったり、セットでバリュー取ろうとする可能性はない。

  • ターンでダイヤが落ちる
    — Tdを持ってたらワンコールは入るかも。他は絶対ついてこない。
    — チェックしても4枚ダイヤが出ている状況でMPのブラフは無理。

  • AQ7のどれか
    — ベットする。フォールドかリレイズ帰ってくる。捨てる。
    — コワイ。チェックする。後ろからベット来る。ムズイ

リバーはフルハウス以外はだれもチップを入れてくれないだろう。
ターンでなにが落ちるにしてもフルハウスが怖いので、フリーカードを与えないためにチップを入れていくことになる。

フロップでライトなリレイズ

先生の言うとおり小さく0.22にリレイズした場合について考えてみる。

ポット0.57に対して上に0.12であれば広いハンドでコールできる。
Ax、2ペア、弱いフラッシュ、セット

3人でターンにいくことはないだろう。

ターン以降について、フロップでコールした場合とほぼかわらないが、
プレイヤーが2人になっていて、フロップでレイズしているので、
heroのベットにブラフのレンジが残っている分、後ろはコールしやすい。か?

ゲームの結果

ちなみにこのゲーム、実は結果オーライでターン、リバーラグなのにハーフベットにQJがずっとついてきた。(笑)

coinpoker- Freeroll Tournaments-

coinpokerというサイトが熱い(俺の中で)。
https://coinpoker.com/
仮想通貨CHPでプレイするポーカーサイト、ソフトで今はまだ準備期間中だが、入金出金がいろいろめんどくさいスターズの代わりにぜひ流行って欲しい。

そのサイトのお祭り+テストプレイとして2017/12/11(月)からフリーロールのトーナメントが開始されている。
30分毎にトーナメントが行われて、だいたい200人くらいの規模で、
目安として40位以内で10CHP、5位以内で100CHPくらいがもらえる。

自分の実力で3時間x2日プレイして、300CHPになった。
1 ETH = 3,500 CHP
1eth = 70,000円で計算すると、
300CHP =6000円くらいになる。 美味しい!

クレジットの登録とかも必要ないので、ぜひ登録して参加して日本で流行らせよう。

不調?ティルト?実力? 負けが続く

5NLで散々たる下降曲線をたどる今日このごろ。

ヒドイものである。
一刻も早く問題を見つけて改善しなくてはいけない。
以前STATSの確認を行ったが、もう一度見直す。

stats

** 現在のSTATS **

** 良かった時 **

前回気になったVPIPは良かったときとほとんど同じレンジになった。

今回気になるのはWTSDが下がっているのにW$SDも下がっていること。
ショーダウン率が下がっているのに、負け率がさがっているとはどういうことなんでしょうか。。。

ゆっくり解析する暇がないけどポストフロップにリークがありそうである。

収支が悪くなってきたのでスタッツを確認する

先月から2NLから5NLに移行しました。
移行直後は調子がよかったのですが、ここ最近バンクロールが増えなくなってきました。

キャッシュグラフを見てみると、調子がよかったときはNon Showdownが下がって行っていたのですが、最近は横ばいになっています。

上振れ下振れの話ではなく、打ち方が変わってそうなので、スタッツを2つの領域に分けて確認を行っていこうと思います。

調子がいいとき

調子が悪いとき

まずは収支の確認

このNon Showdownはブライドでの支払いも含まれるので、さがっているのが普通の状態です。

すべてのハンドをフォールドし続けた場合、6maxの5NLなのでブライドの損失は1週6ハンドでSB,BB合わせて0.07ドルになります。これは1000ハンドプレイすると-11.6ドルになります。

逆に常にベットし続ければ負けるときはShowdownが下がり、Non Showdonが下がることはありません。コールでも同様です。

つまり、レイズ頻度あるいはコールの頻度が上がってしまっている可能性があります。

スタッツのチェック

調子がいいとき

調子が悪いとき

やはりEVが赤いです。
調子の悪いときは特にブラインドでのマイナスが大きいです。
どちらもCOのEVがマイナスになっているのも気になります。

参加率

まず参加率VPIPがルースになっているのが目につきました。

VPIP (TOTAL) VPIP (BB) CC (TOTAL) CC (BB)
良い時 18.3 19.3 7.85 16.1
悪い時 21.0 23.8 11.0 22.5
差分 +2.7 +4.5 +3.15 +6.4

特にBBがルースになっています。その原因はCold Callのしすぎです。きっかけは覚えてないですが、ブラインドのプロテクトに関する記事でも読んだのか6.4ポイントもビッグブライドでのコールが増えています。

6.4ポイント増えたということは全1326コンボの内84コンボものハンドがコールレンジに入ったことになり、明らかにコールしすぎです。

3bet

3bet fold率も大きく異なります。良い時63.3%に対して悪いときは45.1%になっており、半分以上コールしています。レイズのレンジが広がったのに3betのコールレンジが広がっているのは矛盾したプレイです。

フロップ以降

まずフロップ以降のスタッツを載せます。

調子がいいとき

調子が悪いとき

プリフロップと変わってポストフロップではコンティニュエションベット率がフロップ、ターン、リバーいずれの場合も下がっています。
これは参加ハンドが広がったことで、バリューベットが減ったためと思われます。

まとめ

なんか負けてると思ったら参加ハンドがめちゃくちゃになってました。
一度立ち止まってハンドレンジを入れ直します。
他にもリークがあればコメントで教えて頂きたいです。

CoinPoker -仮想通貨を使ったオンラインポーカーサイト-

オンラインポーカーサイトについておもしろい記事がありました。
https://www.pokernews.com/news/2017/11/coinpoker-pre-ico-to-launch-nov-16-29350.htm

CoinPokerというオンラインポーカーが近々オープンするみたいです。
ここの特徴は仮想通貨CHIPを使ってゲームを行うことです。
PokerstarsはNETTER停止後の入出金方法がわからなくて困っていましたが、
仮想通貨を使った決済ならいろんなしがらみがなく簡単に入出金できそうです。

仮想通貨CHIPはこのサイトが初めた通貨で、決済はSpectro Coinというサイトを介して行われます。

2017/11/16現在これからスタートの通貨で12/1までPre-ICOというのを受け付けています。
仮想通貨のことはよくわかりませんが、たぶん株の新規公開株予約みたいなもので、
30%追加でボーナスとしてくれるらしいので、投資感覚で試しに買ってみようと思います。

まず、Spectro Coinに登録する必要があります。

こちら

トップページから[登録する]ボタンを押します。

 

私はFacebookからしました。メールアドレスとパスワードを登録してもいいと思います。

 

 

なんともう登録完了しました。
お金を扱うサイトとは思えない早さです。

 

 

早速入金してみます。

bitflayerの口座は作ってみたけどbitcoinはもってないので[法定通貨を入金する]を選びます。

 

 

結局いろいろ登録しろと言われます。

 

 

登録するとメールが送られてくるので、その番号を入力して認証完了です。

 

さて入金を試みます。

 

 

VISA MASTERでEuro建てで払えば払えそうです。

だめでした。日本のクレカではこういうサイトには入金できないみたいです。

 

 

Masterのボタンを押すと、身分証明書を求められました。
目視で確認するっぽいのでちょっと時間がかかります。仕方ないので今日はここまで

 

bit flayerからbitcoinで入金したほうが早いかもしれないです。

 

追記

クレカから直接入金は無理そうです。

日本のクレジットカードはこういうサイトへの支払いは拒否されるみたいです。

Bitflayer経由でビットコインかイーサリアムを入金しなきゃいけなさそうです。